環境マネジメント

環境に配慮した“知恵と工夫のモノづくり”

私たちは製品開発力と生産技術力を駆使した「徹底したムダ排除」により、地球環境への負荷低減に努めています。製品の小型・軽量化と高効率化、生産性改善活動、不良の出ない工程づくりは、環境保全活動の重要な取り組みです。

環境方針 (Environmental commitment)

動系部品のリーディングカンパニーとして、求められる新しい価値を常に創造し、お客様と社会に貢献する活動をおこなっている。当社は、地球環境の保全が重要問題であることを認識し、循環型社会形成の一翼を担うため環境保全活動を推進し、地域から愛される会社づくりに努める。

  1. 環境関連法規、条例、地域協定等を遵守すると共に、事業活動の目的・目標を定め、達成すること及び課題をやり切る事で環境保全の維持向上に努める。
  2. 環境保全活動の基本は、生産性向上、ムダ低減を徹底的に追求することで、排出物・廃棄物の抑制および資源・エネルギー消費を低減し、汚染の予防に取組む。
  3. 環境教育を継続的に実施し、従業員の環境に関する知識・感性を高め、全員参加での環境維持活動を推進する。
  4. 地域社会との対話を大切にすると共に、地域における環境保全活動にも貢献する。
取締役社長 倉長 勇太郎

環境保全活動 (Environment conservation)

環境リスク改善活動

<法律名> 騒音規制法
<対策内容>

(1)東側敷地境界線外壁撤去に伴う対策工事

基準:    夜間 55dB以下
管理状況: 2回/年 敷地境界騒音測定実施

対策前(外壁内側)            対策後('11年6月完了済)

夜間 54.7〜71.1dB              夜間 51.2〜54.9dB

外壁スレート
第1・2工場東面 外壁スレート
角波折板+石膏ボードに変更
角波折板+石膏ボードに変更
庇に不燃材カーテン取り付け
吸音材貼り付け
ハンガードア内側に吸音材貼り付け
<法律名> 水質汚濁防止法
<対策内容>

(1)ドラム缶置場整備

対策前                  対策後('10年8月完了済)
ドラム缶置場整備
ドラム缶置場整備
奥: 危険物屋外貯蔵所
手前 :  空ドラム置き場

(2)切粉置場改善

対策前                  対策後('10年10月完了済)
切粉置場改善工場外庇エリアの地面に切粉集約。
切粉置場改善
産廃・切粉置場建屋新設。
切粉を専用コンテナに投入。
コンテナごとトラックで運搬

(3)砲金・アルミ切粉置き場移設

対策前                  対策後('11年9月完了済)
砲金・アルミ切粉置き場移設
砲金・アルミ切粉置き場移設
砲金、アルミ切粉を
産廃切粉置場に集約

(4)油水分離槽管理状況

正門周辺美観改善の為、場所変更し、3槽から4槽に増設。
浮上油回収分離装置を設置し、担当者不在時でも油回収し、流出リスク低減。
対策前                  対策後('11年9月完了済)
油水分離槽管理状況
油水分離槽管理状況
浮上油回収分離装置
<法律名> その他
<地域コミュニケーション>

(1)東側敷地境界を2.15m後退、歩道整備実施。

大阪狭山市へ寄附し、地域の方が利用する歩道となります。
10月1日大阪狭山市引き渡し済。利用開始時期、大阪狭山市調整中。
対策前                  対策後('11年9月完了済)
歩道整備実施
歩道整備実施

(2)南門整備

敷地境界2.15m後退工事と合わせて、南門整備実施。
対策前                  対策後('11年9月完了済)
南門整備
南門整備
南門整備
緑地設置

(3)不要鉄塔撤去

対策前                  対策後('11年8月14日完了済)
不要鉄塔撤去
不要鉄塔撤去

環境標語 (Environmental slogan)

環境保全ルールを確実に守ろう

当社では、環境啓発活動の一つとして、従業員を対象とした環境標語コンクールを実施しています。


ページの先頭へ
環境方針
環境保全活動
環境標語
環境報告